野球好きにはたまらないイベントである春の選抜高校野球2019。

やはり優勝候補が気になりますよね!!

なので、春の選抜高校野球2019の優勝候補!100倍楽しむ大予想!としてこの記事で発表していきますね!

春の選抜高校野球2019の優勝候補:第1位 星稜高校

何と言ってもプロ注目のドラフト1位候補であるエース、奥川恭伸投手の存在が大きかったりします。最速150キロを超えるストレートだけでなく多彩に変化球を操り、高校生離れした安定した投球が売りの投手です。2年生の段階でU18日本代表に選ばれる等、この世代のナンバーワン投手としての評価を受けています。そんな圧倒的なエースを中心にして、星陵高校は明治神宮大会でも準優勝になる等、チームの総合力も優れているため本命に相応しいです。


春の選抜高校野球2019の優勝候補:第2位 札幌大谷

明治神宮大会では初出場ながらも、次々に強豪校を倒して見事に優勝したチームです。エースの西原健太投手は140キロを超えるストレートとスライダーにチェンジアップを持ち、神宮大会では星陵高校の打線を見事に封じました。しかもエースであると共にチームの4番打者でもあり、投打共に優れた選手としてプロも注目している逸材です。他にも1年生に2人の好投手がいるため、神宮大会優勝の勢いで選抜高校野球大会も勝ち上がって行く可能性は十分あります。


春の選抜高校野球2019の優勝候補:第3位 横浜高校

最速153キロを誇る左腕、及川雅貴投手の存在がやはり大きいです。選抜高校野球大会に出場する投手の中では、最速を誇るストレートを武器に三振をとれる投手として、プロからの注目を集めています。ただし持っているポテンシャルは非常に高い及川投手ですが、まだ未完成の部分もあって課題もそれなりに持っているのです。ですが抜群の潜在能力が甲子園の舞台で開花する可能性は、十分にあると言えます。何より横浜高校は名門校として、甲子園での勝ち方を知っているチームなだけに要注目です。


春の選抜高校野球2019の優勝候補:第4位 龍谷大平安高校

京都府大会では3位に終わったものの、強豪校がひしめく近畿大会を制した事で一気に注目度を上げたチームです。エースの野澤秀伍投手は、ストレートと変化球を巧みに操るクレバーな投球術で非常に安定しているのが大きかったりします。更に打線はキャプテンで4番の水谷選手を中心にしてただ打つだけでなく、足を絡めた多彩な攻撃で相手を翻弄します。しかも守備力も非常に高いため、攻守のバランスが取れた隙の少ないチームであり、選抜高校野球大会でも好結果が期待可能です。


春の選抜高校野球2019の優勝候補:第5位 八戸学院光星

エースの後藤丈海投手は、安定して130キロ台後半のストレートを投げ込む事が出来ます。しかもキレのあるスライダーも持っており、相手の打者を翻弄して巧みにピンチを乗り切る投球術を持っているのが強みです。ですがこのチームの売りは高い攻撃力であり、昨夏の甲子園のメンバーが数多く残っています。そのため強打者に加え下位にも巧打者が配置されており、切れ目のない打線として爆発力を秘めているのです。名門校らしく守備力も優れているため、攻守に隙がないチーム編成となっています。

2019年の選抜高校野球の優勝候補ならこちら!